NEXT 10 Vision 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan

藝大プロジェクト2016「サティとその時代 ~世紀末からベル・エポックへ」 第1回「今日は一日、サティの日」

| TOPページに表示

 藝大プロジェクト2016「 サティとその時代 ~世紀末からベル・エポックへ」 第1回「今日は一日、サティの日」

 

詳しくはこちら(チラシPDF1.0MB)

日時 2016年5月15日(日)12:00オープン~17:30クローズ  *詳細は下記
会場 東京藝術大学奏楽堂、第1ホール、第2ホール、第6ホール 他(大学構内)
入場料 無料 
※未就学児の入場はご遠慮いただいております。
主催 東京藝術大学演奏藝術センター
東京藝術大学音楽学部・同美術学部
お問い合せ 東京藝術大学演奏藝術センター
TEL:050-5525-2300

東京藝術大学 演奏藝術センター企画
藝大プロジェクト2016 「ティとその時代 紀末からル・エックへ」
エリック・サティ生誕150年に贈る4回のレクチャー&コンサートシリーズ

 

異端児?サティ

シェイクスピア、そしてゲーテと文豪路線を歩んできた藝大プロジェクトですが、2016年はガラッと方向を変え、生誕150年のフランスの作曲家、エリック・サティ(1866~1925)に焦点を当てます。サティはその作品につけられた奇抜なタイトル、人をくったその生活態度など、音楽以外のところに目が行きがちで、その本質が見過ごされている感があります。さまざまな芸術が花開いた世紀末からベル・エポックへと向かう時代。孤高の存在として自己の音楽を追求し続けたサティ。普段あまり演奏されない珍しい曲も含めて、サティとその時代の芸術を明らかにしていきます。

 

 1 回 今日は一日、サティ
サティ150 回目の誕生日の前々日にお届けするサティ三昧の一日。
ドップリとサティにつかってみませんか?
さまざまなサティに出会える出入り自由のコンサート。

*企画・大石泰教授による、本公演のご紹介はこちら*

 

第1ホール「 映像で見るサティ」  12:30より下記2作品を交互上映

◇ 映画「幕 間」 Entr’ acte(監督:ルネ・クレール/音楽:エリック・サティ)
◇「 スポーツと気晴らし」 Sports et Divertissements
 ( 挿絵:シャルル・マルタン/作曲:エリック・サティ/演奏:高橋アキ)
【上映スケジュール】
 「幕             間」 (20 分)12:30 13:30 14:30 15:30(以上4 回)
 「スポーツと気晴らし」 (19 分)13:00 14:00 15:00(以上3 回)

 

第2ホール「 いやがらせの部屋」 12:15~

◇プレ・コンサート サティ《梨の形をした3 つの小品》  Trois Morceaux en Forme de Poire
   ピアノ連弾:泉碧衣、千釡有美子
◇サティ《ヴェクサシオン》Vexations のリレー演奏(12:40~17:10)
 《ヴェクサシオン》はサティによる「840 回繰り返す」という指示があります。今回は4 時間半で演奏を打ち切りますが、果たしてその間に何回演奏できるでしょうか?皆さんにそれを予想して投票していただきます。誰が演奏するかは当日のお楽しみ。また飛び入り参加も大歓迎です。

* あなたも《ヴェクサシオン》を演奏してみませんか?*
第2ホールでの《ヴェクサシオン》の演奏にはだれでも参加できます(小学生以上)。
この機会に是非あなたも参加してみませんか?チラシ中面右下の要領で奮ってご応募ください(応募は締め切りました)

  

第6ホール 「メドゥーサ男爵の部屋」  14:30開場 14:50開演(定員200名)

◇サティ 朗読劇《メドゥーサの罠》 Le Piège de Méduse(日本語台本:秋山邦晴/演出:清水寛二)
    メドゥーサ男爵 : 清水寛二
    猿ヨナス : 武内靖彦
    召使いポリカルプ : 重盛次郎
    婚約者アストルフォ : 大槻孝志
    娘フリゼット : 谷石奈緒子
    指揮 : 矢崎彦太郎/藝大アンサンブル

 

奏楽堂「ソクラテスのホール」 15:30開場 16:00開演

◇サティ《3 つの小さなピエスモンテ》 Trois Petites Pièces Montées
◇ジョン・ケージ《チープ・イミテーションⅠ》 Cheap ImitationⅠ
      ピアノ:梨本卓幹
◇サティ 交響的ドラマ《ソクラテス》 Symphonic Drama “Socrate”
      アルキビアデス : 小林真理(メゾソプラノ)/ソクラテス:工藤あかね(ソプラノ)
      パイドロス : 薬師寺典子(ソプラノ)/パイドン:野々下由香里(ソプラノ)
      舞踊振付 : 市瀬陽子
      指揮 : 矢崎彦太郎/藝大学生有志オーケストラ

 

「どこでもサティ」構内各所(音楽学部5 号館教務前、第6ホール前、奏楽堂前、同ホワイエその他)

◇サティ《 家具の音楽》 Musiques d’ ameublement のゲリラ的演奏
 演奏場所と演奏時間の予定(変更になる場合、またこれ以外の演奏もありますのでご了承ください)
 ・県知事の私室の壁紙 Tenture de cabinet préfectoral
              …………… オープン時(音楽学部5 号館教務前)    
 ・錬鉄のタペストリー Tapisserie en fer forgé
              …………… 奏楽堂開場時(奏楽堂ホワイエ)      
 ・音のタイル張り舗道 Carrelage phonique
              …………… 奏楽堂終演時(奏楽堂表)        
 ・ビストロにて Chez un “Bistrot”
              …………… 奏楽堂開演前(奏楽堂客席)
 ・サロンUn salon
              …………… 第6 ホール開演前(第6 ホール)
 ・猿の王様を目覚めさせるためのファンファーレ Sonnerie pour reveiller le bon gros Roi des Singes
              …………… 第6 ホール開場時(第6 ホール前)
  

 

 

「サティとその時代」第2回~第4回の予定
会場はいずれも東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
入 場 料:3,000 円(全席自由) 
セレクト券:2 回券( 5,000 円)  3 回券( 7,500 円)
詳しくはこちら

 

第 2 回 キャバレー文化とクラシック 6 月25 日(土)
14:00 第1 部 レクチャー「華開く世紀末のキャバレー文化」
          講 師: 吉田正明(フランス文学、信州大学人文学部教授)
15:20 第2 部 コンサート「モンマルトルと芸術~影絵芝居とシャンソン」
          サティ 《ジュヌヴィエーヴ・ド・ブラバン》《ジュ・トゥ・ブー》他

第 3 回 サティとピアノ…そして、言葉  10月22 日(土)
14:00 第1 部 レクチャー「サティの正体~詩人、それとも皮肉屋?」
          講 師:小沼純一(芸術研究、早稲田大学文学学術院教授)
15:20 第2 部 コンサート「サティのピアノ音楽傑作選」
             サティ 《スポーツと気晴らし》《 ひからびた胎児》他

第 4 回 サティ交遊録  11月6日(日)
14:00 第1 部 鼎 談「サティとすばらしき仲間たち」
          ゲスト: 山村浩二(アニメーション作家、東京藝術大学映像研究科教授)
               芳賀直子(舞踊研究家)
               小鍛冶邦隆(作曲家、東京藝術大学音楽学部教授)
          司    会: 小沼純一(芸術研究、早稲田大学文学学術院教授)

15:20 第2 部 コンサート「音楽史のなかのサティ」
          山村浩二監督『サティの「パラード」』(アニメーション)
          サティ/ドビュッシー編曲 《ジムノペディ第1 番》
             サティ   《パラード》他

 

※スケジュール・曲目・出演者等は都合により変更となる場合がありますので、ご了承ください。

交通案内

奏楽堂 地図

 

 

JR上野駅(公園口)・JR鶯谷駅(南口)、
東京メトロ千代田線根津駅より徒歩10分

京成線京成上野駅、
東京メトロ日比谷線上野駅、
東京メトロ銀座線上野駅より徒歩15分

台東区循環バス「東西めぐりん」
【2】上野駅・上野公園から(東京芸術大学経由)【5-1】東京芸術大学 下車[30分間隔]

駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください

所在地:〒110-8714東京都台東区上野公園12-8