東京藝術大学 東京藝術大学入試情報サイト SDGs 共創の場 ily 藝大アートプラザ 東京藝大クラウドファンディング 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan グローバル 藝大フレンズ 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ

藝大21 JAZZ in 藝大 2024

| TOPページに表示

 

         詳細はこちら

 

日時

2024年9月13日(金) 19:00開演(18:15開場)

会場 東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
入場料 

全席指定
一般:5,000円
学生:2,000円 ※当日は学生証をお持ちください。
※学生券はヴォートル・チケットセンターもしくはチケットぴあでお買い求めください。

※就学前のお子様の同伴・入場はできませんので、ご了承ください。

チケット取り扱い

 

チケット発売:7月10日(水)

ヴォートル・チケットセンター
https://www.ticket.votre.co.jp
TEL:03-5355-1280/平日 10:00~18:00

チケットぴあ
https://t.pia.jp/ 《Pコード:274-604》

東京文化会館チケットサービス
https://www.t-bunka.jp/tickets/ 
TEL:03-5685-0650/10:00~18:00 休館日を除く
店頭販売:10:00~19:00 休館日を除く

イープラス(e+)
https://eplus.jp/ 

東京芸術大学生活協同組合(店頭販売のみ)
TEL:03-3828-5669 
営業時間はウェブサイト(https://www.univcoop.jp/geidai/)でご確認ください。

※車椅子をご利用のお客様は、ヴォートル・チケットセンター TEL:03-5355-1280(平日10:00~18:00)まで
お問い合わせください。 

東京藝術大学
学内申込フォーム

【申込フォーム】
申込受付期間 8月30日(金)10:00  ~  9月5日(木)12:00

【対象】
本学学生(非正規生を除く)
本学教職員(職員証をお持ちの方)
※申し込み及び使用出来るのは本人のみ。譲渡不可。

主催 東京藝術大学演奏藝術センター
東京藝術大学音楽学部
協賛 中川特殊鋼株式会社
お問い合せ

東京藝術大学演奏藝術センター
TEL:050-5525-2300

 

 

藝大21 JAZZ in 藝大 2024

伝説を繋ぐ、情熱を受け継ぐ

 

皆さまお待たせしました!
2019年から「JAZZ in 藝大」のホストを務めさせていただき
今年で早5回目です。2020年はコロナ禍で見送られたのでした。

しかしその逆境を跳ね除けるべくレコーディング・プロジェクトが始動し、
これまで藝大コラボ・アルバム2作品がリリース
されました。
(この公演のあと3作目の制作に入ります)

もうすぐ開幕です!
今年のスペシャルゲストは、レジェンド中の超レジェンド
北村英治さん、さらに若手ホープ中の超ホープ川口千里さん、
半世紀を越えたジェネレーションお二人の共演が叶います。
迎えうつは東京藝大スペシャルウィンドオーケストラ、藤本隆文氏、
そして我らが須川展也氏etc.

歴史的な公演になります!                 本多俊之

 

曲目

◆Sing Sing Sing
◆Memories of You

◆Fat Mama’s Samba
◆Wupatki
◆Captain Senor Mouse 他

 

出演者

本多俊之(Saxophone)
サックス奏者、作・編曲家、東京藝術大学客員教授。1957年東京生まれ。大学在学中の1978年に初リーダーアルバム「バーニング・ウェイブ」を発表、以来チック・コリア、フレディー・ハバード等内外の著名ミュージシャンと共演。日本を代表するサックス奏者である。日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞した「マルサの女」(伊丹十三監督)をはじめとする伊丹作品群など、作・編曲家としても多才な才能ぶりは良く知られるところ。近作は、東京藝大スペシャルウィンドオーケストラとのアルバム第二弾「TIME TO FLY」(’23)など。最新作は、連続ドラマのサウンド・トラック「新宿夜戦病院」(’24脚本:宮藤官九郎)。


北村英治(Clarinet)
1929年東京都生まれ。慶応大学在学中にクラリネットを学び、51年南部三郎クインテットでデビュー。54年に自己のバンドを結成し、国内外でコンサートやディナーショー、ラジオやテレビ出演など幅広い音楽活動を展開している。57年、文化使節として来日したベニー・グッドマンとの共演で賞賛を得た。77年、モントレー・ジャズ・フェスティバルに招かれ、好評を博した後19回出演し、アメリカはもとより、ヨーロッパ、オーストラリアなどの大きなジャズ祭に招かれた。2014年、英国のジャズ誌『ジャズジャーナル』の表紙を飾るなど、90歳を超えた今も精力的に演奏活動を行っている。07年、旭日小綬章受章。


川口千里(Drums)
1997年、愛知県生まれ。5歳でドラムを始め、8歳から菅沼孝三氏に師事している。YouTubeでのドラム演奏動画は世界中から注目され、その総再生回数は現在およそ4,000万回。2013年、若干16歳で1stアルバムをリリース。16年には待望のメジャーデビューアルバム「CIDER ~ Hard &Sweet ~」をキングレコードからリリース。17年に横浜で行なった公演は雑誌「JAZZ JAPAN」で2017ベストライブパフォーマンスに選ばれる。20年、メジャー第二弾「Dynamogenic」をリリース。21年、日本プロ音楽録音賞ベストパフォーマー賞受賞。現在はライブやスタジオワークなど国内外を問わず多彩に活躍中。


須川展也(Saxophone/Conductor)
日本が世界に誇るクラシカル・サクソフォン奏者。国内外の著名オーケストラと多数共演。またウィーンのムジークフェラインをはじめ30ヶ国以上で公演やマスタークラスを行っている。東京藝術大学卒業。第51回日本音楽コンクール、第1回日本管打楽器コンクール最高位受賞。2002年NHK連続テレビ小説「さくら」テーマ曲演奏。トルヴェール・クヮルテットのメンバー、東京藝術大学招聘教授、京都市立芸術大学客員教授。

藤本隆文(Vibraphone)
東京音楽大学卒業。「打楽器四重奏団SHUN-KA-SHU-TOH」のメンバーとして、ルクセンブルグ国際打楽器コンクール第2位。ジュネーヴ国際音楽コンクール打楽器部門第2位。日本管打楽器コンクール打楽器部門第2位。神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席ティンパニ奏者を経て、現在東京藝術大学音楽学部教授。ヴィブラフォンやマリンバによる「ジャズをベースにした」即興演奏の分野にも活動範囲を広げている。


村本和毅(Bass)
山口県出身。コントラバスを池松宏、石川滋、伊藤珠里、吉田秀、吉野弘志の各氏に師事。現在、東京藝術大学音楽学部器楽科3年に在学中。

東京藝大スペシャルウィンドオーケストラ
東京藝術大学音楽学部管打楽専攻の現役学生の精鋭たちに、栃本浩規教授や古賀慎治教授、本多悠人氏ほか卒業生も参加して、本公演のために特別編成されたウィンドオーケストラ。

 

※スケジュール・曲目・出演者等は都合により変更となる場合がありますので、ご了承ください。

交通案内

 

 

 東京藝術大学奏楽堂 [大学構内]
〒110-8714  東京都台東区上野公園12-8

交通のご案内
■JR 上野駅(公園口)・鶯谷駅(南口)
   東京メトロ千代田線根津駅 より 徒歩10分

■京成線京成上野駅
   東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅 より 徒歩15分

※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。