NEXT 10 Vision 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ 東京藝大クラウドファンディング 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 動画で見る東京藝術大学

本学の学生がルトスワフスキ国際チェロコンクールで第1位・最優秀演奏特別賞(3/2 追記)

2018年03月02日 | プレスリリース, 全て, 大学全般

 2018年1月30日~2月10日、ポーランドで開催されたルトスワフスキ国際チェロコンクールにて、佐藤晴真さん(音楽学部器楽科チェロ専攻2年)が第1位に輝きました。

 また、ルトスワフスキー「グラーヴェ」最優秀演奏特別賞も受賞されました。(2018年3月2日追記)

ルトスワフスキ国際チェロコンクール
ルトスワフスキー国際チェロコンクール 本選会(2月8日)で演奏する佐藤晴真さん

場所 Warsaw Philharmonic – Concert Hall
共演 Warsaw Philharmonic Orchestra
指揮 Marek Mos
演奏曲目 Concerto in C major Hob.VIIb:1 (Joseph Haydn)
Concerto for cello and orchestra (Witold Lutosławski)

佐藤晴真さんからのコメント

このコンクールに多くの情熱と時間を注いだので、このような結果をいただくことができ、報われて良かったなと感じています。この先も真っ直ぐに、素直に、音楽を作っていきたいと思います。

ルトスワフスキ国際チェロコンクールとは

 ルトスワフスキ国際チェロコンクールは20年以上の伝統を誇る、ヨーロッパを代表するコンクールのひとつです。
 ピアノのショパンコンクール、ヴァイオリンのヴィニアフスキコンクールと並びポーランドでは三大イベントのひとつで、本選はワルシャワ・フィルハーモニーホールで行われます。
 20世紀を代表する作曲家・W.ルトスワフスキの作品はもちろんのこと、バロックから現代音楽に至るまで多岐にわたるレパートリーが課題となるため非常に難易度の高いコンクールのひとつです。

解説:音楽学部准教授 中木健二

受賞の基本情報

受賞者名 佐藤晴真
音楽学部器楽科チェロ専攻2年
コンクール名 ルトスワフスキ国際チェロコンクール
賞名

第1位

ルトスワフスキー「グラーヴェ」最優秀演奏特別賞
(2018年3月2日追記)

日時 2018年1月30日~2月10日
コンクール公式Webサイト http://www.lutoslawski-cello.art.pl/en/xi-konkurs-laureaci.html