東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ NEXT 10 Vision 藝大アートプラザ 東京藝大クラウドファンディング 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 動画で見る東京藝術大学

東京藝術大学ゲームコースの開設について

2018年10月30日 | プレスリリース, 入試情報, 全て


 東京藝術大学では2019年4月から、大学院映像研究科に、ゲームを中心とした制作・研究等を行うことができる2年間のコース(ゲームコース)を新たに開設します。そこでは、ゲームを芸術の一分野として捉え、研究や作品制作を通して、ゲームの可能性や映像表現のフィールドを広げることに貢献することを目指しています。 ゲームコースは、アニメーション専攻およびメディア映像専攻の2年間のコースとして設置され、ゲームに関連する様々な講義や演習が行われるほか、修了制作・研究として、学生自らがゲーム作品の制作・研究を行います。


 映像研究科では「日米ゲームクリエイション共同プログラム — メディア革新時代の新しいアーティスト育成 —」が、文部科学省平成30年度「大学の世界展開力強化事業~米国等との大学間交流形成支援~」に選定されました。それを受けて、今後このゲームコースでは、全米1位のゲーム教育の実績を持つ南カリフォルニア大学(USC)映画芸術学部インタラクティブメディア&ゲーム学科、メディアアート+プラクティス学科との共通授業や、USC教員による作品指導、学生のコラボレーション等を、5年間継続して行っていく予定です。

 また、世界的なゲーム企業である株式会社スクウェア・エニックスを始めとするゲーム産業界とのコネクションをより強固にし、産業界からの講師派遣や、ゲーム分野にとどまらない他分野との共同研究など、産学協同を積極的に推進し、社会に貢献する人材の教育や研究を行っていきます。

科 目 内 容 ● USCとの共同授業
● USC教員による作品指導
● USC学生とのコラボレーション
● スクウェア・エニックスを始めとするゲーム産業界からの講師派遣
● ゲーム分野にとどまらない他分野との共同研究

入  試: アニメーション専攻 or メディア映像専攻

指導教員: 桐山 孝司 教授(メディア映像専攻)
      岡本 美津子 教授(アニメーション専攻)
      牧 奈歩美 講師(アニメーション専攻)

 なお、2019年度の募集は、大学院像研究科アニメーション専攻およびメディア映像専攻の入試として1月〜2月にかけて実施する予定です。現在、募集要項を配布中です。

問い合わせ先
東京藝術大学大学院映像研究科
E-mail:shomu.fm@ml.geidai.ac.jp
Tel:045-650-6200