東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ NEXT 10 Vision 藝大アートプラザ 東京藝大クラウドファンディング 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 動画で見る東京藝術大学

第64回藝大オペラ定期公演「魔笛」

| TOPページに表示

第64回藝大オペラ定期公演「魔笛」 

詳しくはこちら(チラシPDF 1.0MB)

日時 2018年(平成30年)10月6日(土)・7日(日)
14:00開演(13:30開場)
会場 東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
入場料

全席指定
S席 5,000円、バルコニー席 4,000円
※10月6日(土)・7日(日)両日共に、全席完売しました。
  9/7現在

※就学前のお子様の同伴、入場はご遠慮いただいております。

チケット取り扱い
7/4(水)発売

※発売初日のみ、一度での購入は2枚までとさせていただきます。

東京芸術大学生活協同組合(店頭販売のみ)
TEL : 03-3828-5669

ヴォートル・チケットセンター
TEL:03-5355-1280 http://ticket.votre.co.jp

チケットぴあ TEL:0570-02-9999  http://t.pia.jp
《Pコード:118-341 *2日間共通》

東京文化会館チケットサービス
TEL:03-5685-0650  http://www.t-bunka.jp/ticket

イープラス(e+)  http://eplus.jp

主催

東京藝術大学音楽学部
東京藝術大学演奏藝術センター
東京藝術大学オペラ研究部

助成

藝大フレンズ
東京藝術大学音楽学部同声会
東京藝術大学音楽教育振興会

特別協賛

特定非営利法人「音楽は平和を運ぶ」・(株)日本創発グループ

お問い合せ 東京藝術大学演奏藝術センター
TEL:050-5525-2300

 

第64回藝大オペラ定期公演
W.A.モーツァルト   「魔笛」

台本/E.シカネーダー

全二幕  原語上演・字幕付き(日本語台詞)

指揮/高関 健
演出/直井 研二

 

◆第1日 2018年10月6日(土)
Cast
ザラストロ:伊藤 純
夜の女王:小川 栞奈
タミーノ:上ノ坊 航也
パミーナ:佐藤 初音
弁者(僧侶1):谷 友博
パパゲーノ:後藤 駿也
パパゲーナ:横山 和美
侍女1:荒木 里佳子
侍女2:山下 裕賀
侍女3:野間 愛
モノスタトス:吉田 伸昭
童子1:熊谷 美奈子
童子2:木和田 絢香
童子3:吉成 文乃
僧侶2:大平 倍大
武士1:大平 倍大 *都合により変更となりました(9/4更新)
武士2:湯澤 直幹

 

◆第2日 2018年10月7日(日)
Cast
ザラストロ:狩野 賢一
夜の女王:愛宕 結衣
タミーノ:須澤 尊臣
パミーナ:渡辺 智美
弁者(僧侶1):渥美 史生
パパゲーノ:田中 夕也
パパゲーナ:髙橋 慶
侍女1:田井 友香
侍女2:石田 滉
侍女3:中島 郁子
モノスタトス:糸賀 修平
童子1:髙階 ちひろ
童子2:佐々木 美歌
童子3:松平 幸
僧侶2:児玉 和弘
武士1:児玉 和弘
武士2:小池 優介

 

合唱:東京藝術大学音楽学部声楽科3年生
管弦楽:藝大フィルハーモニア管弦楽団

 

 

◆ご挨拶
「藝大オペラ定期公演」は今年64回を迎えます。1956 年に開催した第1 回公演G.ヴェルディの《椿姫》から現在に至るまで、多くの方の厚いご理解によって支えられ、一度として途切れることなく継続して参りました。今年も皆様への深い感謝と共に、学生の夢や希望が将来現実のものとなるよう、総力を結集して準備を進めております。今秋、藝大奏楽堂で奏でられる《魔笛》では、個性豊かな登場人物たちが冒険を通して愛や友情、善と悪など様々なことについて知り、苦難に立ち向かいながら成長して行きます。素晴らしい音楽と共に、彼らの冒険物語を、どうぞご堪能下さい。

 

STAFF
♢美術 鈴木 俊朗 ♢照明 大平 智己
♢衣裳 西原 梨恵 ♢振付 高野 知美
♢音響 岩崎 真       ♢舞台監督 穗積 千寿 
♢演出助手 小野寺 東子 
♢副指揮・合唱指揮 宮松 重紀
♢副指揮 小﨑 雅弘
♢コーチ 
 田中 梢   大藤 玲子  山口 佳代
♢コレペティートル・原語指導 三ツ石 潤司
♢特別原語指導 H. クフィル

 

STORY
古代、エジプトの架空の世界

第一幕 
 王子タミーノは岩山で大蛇に襲われ気を失うが、「夜の女王」配下の3人の侍女達が彼を助ける。しかし、鳥の狩猟中にたまたま通りかかったパパゲーノが、助けてやったのは自分だと嘘を付き、パパゲーノは侍女達によって、口に錠を掛けられてしまう。タミーノは、侍女達から女王の娘パミーナの絵姿を見せられ一目惚れし、パミーナを救い出すためにザラストロの神殿に行くことを決意する。タミーノは侍女達から旅の助けとして「魔法の笛」を、成り行きでついて行くことになったパパゲーノも「魔法の鈴」を受け取る。
 ザラストロの神殿で離ればなれになってしまったタミーノとパパゲーノ。先にパミーナと出会ったパパゲーノは一緒にタミーノのもとへ急ぐ。そしてタミーノとパミーナはザラストロの前でついに対面し、一目で恋に落ちる。タミーノとパパゲーノはザラストロの命により、顔に覆いをかけられ試練の神殿に連れて行かれ、女性であるパミーナは一人神殿の外に残される。

第二幕 
 ザラストロは、タミーノにパミーナを得るため、そしてパパゲーノは恋人を得るための試練を授ける。まずは「沈黙」の試練。沈黙するタミーノに、事情を知らないパミーナは深く悲しむが、立派に耐え抜く。続く「火」の試練、「水」の試練では、タミーノとパミーナの二人で「魔法の笛」の力を借りて乗り越える。一方のパパゲーノは、辛抱するのが大嫌いで、試練から脱落してしまう。それでも「魔法の鈴」の力を借りて、とうとう若い娘“ パパゲーナ” と出会い、恋人となる。ザラストロは試練に打ち勝ったタミーノ、パミーナたちを祝福して、オシリスとイシスの神を讃える。

 

※スケジュール・出演者等は都合により変更となる場合がありますので、ご了承ください。

交通案内

奏楽堂 地図

東京藝術大学奏楽堂 [大学構内]
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8

■JR 上野駅(公園口)・鶯谷駅(南口)、東京メトロ千代田線 根津駅より徒歩10分
■京成線 京成上野駅、東京メトロ日比谷線・銀座線 上野駅より徒歩15分
■台東区循環バス「東西めぐりん谷中行き」
 【2】上野駅入谷口 ⇒【5-1】東京芸術大学下車[30分間隔]

※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください