東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ NEXT 10 Vision 東京藝大デジタルツイン ily 藝大アートプラザ 東京藝大クラウドファンディング 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ JOBANアートライン AMS 藝大Twitter 藝大instagram 藝大Facebook 動画で見る東京藝術大学

「藝大コレクション展2021 I期」の開催および報道関係者向け内覧会について

2021年07月20日 | イベント, プレスリリース, 全て

東京藝術大学大学美術館では、2021年7月22日(木・祝)から8月22日(日)にかけて、「藝大コレクション展2021 I期 雅楽特集を中心に」を開催いたします。

東京藝術大学のコレクションは、本学の前身である東京美術学校および東京音楽学校の時代から130年以上にわたり収集されてきた芸術作品・資料です。コレクションには、東京藝術大学(東京美術学校を含む)の歴代在学生や卒業生たちの作品(学生制作品)、歴代教員の作品、学生の教材として用いた美術資料とともに、明治期に収集・制作された楽器や録音資料をはじめとする音楽資料も含まれ、その総数は3万件に及びます。本学大学美術館では、この多様なコレクションを毎年「藝大コレクション展」で紹介しています。

今回のコレクション展では、センターピースとして10年ぶりの出品となる竹内久一《伎芸天》を展示致します。また《浄瑠璃寺吉祥天厨子絵》、橋本平八《花園に遊ぶ天女》など、技芸の神さまや天女をモチーフとする数々の名品に加え、小倉遊亀《径》などの夏を描いた名品も紹介します。

そして、特集として、本学が所蔵する「雅楽に関連する作品」にも焦点を当てた展示を行います。本学で所蔵する雅楽の楽器や舞楽装束をはじめ、雅楽を描いた絵画、彫刻や工芸などの美術作品を通して藝大コレクションの知られざる一面をお楽しみいただけますと幸いです。

 開催期間 

I期:2021年7月22日(木・祝)~ 8月22日(日)
10:00-17:00(入館は16:30まで)

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1

休館日 月曜日、8月10日(火)
※ただし、8月9日(月)は開館
観覧料 一般440円(330円)、大学生110円(60円)、高校生以下及び18歳未満は無料
※ ( )は20名以上の団体料金
※ 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
※ 障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
主催 東京藝術大学
助成 藝大フレンズ賛助金、公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団
問い合せ先 ハローダイヤル 050-5541-8600
大学美術館HP

報道内覧会のご案内

一般公開に先立つ、2021年7月21日(水)に報道内覧会を開催いたします。是非ご観覧・ご取材いただきたく、ご案内申し上げます。

>>プレスリリース(PDF)
>> 報道内覧会のご案内(word)